2017年5月 4日 (木)

戦争は無くせる

戦争は無くせる

行き過ぎた資本主義を調整して、等しく職を分配し、富の分配ができれば。
戦争放棄を国連のもと、訴え続ける、
それが、日本の生きる道

憲法施行70年、日弁連会長「安保法制で立憲主義の危機」「平和と自由を守る」|弁護士ドットコムニュース | https://www.bengo4.com/internet/n_6050/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月 3日 (水)

端午の節句

3人揃うのは今日なので、端午の節句メニュー❕
お風呂も菖蒲湯spa

水 手まり寿司、たらの芽の天ぷら、ステーキ、ブロッコリー、こふきいも、冷やしとまと、いちご
木昼 焼きそば
木夜 焼き葱鶏、ひじき、
金 外食



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月 1日 (月)

主婦業に終わりはない

母の言葉である
というか、私の言葉でもある。

私が仕事と家事、育児の両立に疲れ果てたとき、電話で、
「ご飯も、洗濯も、やって当たり前で、次の日もまたあって、終わりがない」というと

「そうや、そのとおり、主婦業に終わりはない。毎日毎日死ぬまで続くんや。
しんどいときは、手ぇ抜き、手ぇ抜き。休むことも大切や。
インスタントでもなんでも、食べさせて、仕事して、両立してるだけで、立派なもんや。
少々ホコリ溜まってても死ねへん」

と、言ってくれた。

まあ、食事は簡単だけど、なるべく手作りするし、
週一掃除はするし、
それなりに、まともに暮らしているつもりだけれど、

主婦業に終わりわない、

この言葉は、私にとって「だから、たまには休んでいい」、と続く、優しい言葉である

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月30日 (日)

GWのToDo

日程を割り振らないとねheart

29 good風呂ピカ(そうじ&銀イオン)

30 家計簿
  メニューづくり

good日本茶ミル sururu いいけど高いなー
   楽天ポイントでゲットを目指そう
 日本茶飲むのと、あと抹茶料理と調べよう

 まずは、今夜お茶入れよう

1,2 仕事

3 買い出し
 モップ用タオル切り
 スカート裾上げ、衣類整理
   ダーリン分中心?
 アイロン

4 12:00美容室
 雑誌読むぞー
 ティタイムするぞー

5 夜外食?
 和服片づけ
 普段帯の調べ

6 買い物
   マット?

7 買い出し
 掃除

cloverお、なんか決まってきた

会社のチアが近くにくるとかで、相方は行きたいらしい。
私は家でゆっくりすると言ってるのに、お昼に一度帰ってくる、お昼を食べよう、と2度、3度、、
どうも、一人で見に行くのは嫌らしい
中年男がひとりでチア見てたら、そりゃあ「嫌らしいオッサンだ」よね
相方は、目的以外にいろりろウロウロするのが当たり前の人なので、、、、
、、、、半日無くなるーsweat01
はっきり一緒に来てと言わないのが、まためんどくさいgawk
あー、化粧もしなきゃなんない、自由時間が減るー、あーめんどくさpig

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月27日 (木)

寒くて

辛い

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月25日 (土)

ショートトリップ

こんな時代もあったねと、いつか思うのだろうか

鶴橋、今里、布施、永和、、、
その先の降り立つ駅はまだ寒し

なれど、コートは閉めず歩み出す
懐かしさと心優しいBGMに頼る、春の夜の道

Img_3257

Img_3258


Img_3259


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月20日 (月)

LGBTのこと

自分は満足。でも周りは不満足(かもしれない)

とき、あなたは、どうする?

日本女子大学が、体が男性心が女性の人の受け入れの検討を始めたという記事。

もし体が男性のままなら、とても私には同室で着替える勇気はない。
体が男性に生まれたということは筋力、体力面は男性の特徴を持っていて、スポーツ系なら女性の中では常に優位になる、ということにもなるのではないか。

LGBTの人々が、例えば就職で平等にと権利を訴えるのはいい。LGBTであることと、仕事の出来る出来ないは全く関係がないはずで、普通の男性、女性と同等に扱われるまでにはなるべきだと思う。

しかし全てのことに、男性か女性の心の一致するどちらかに入れてというのは、どうなのか?

現実には、男性と女性ですら、平等に扱われないことが山ほどある。
それが現実である。

女性は女性であることを受け入れて生きて行くしかない。男性は男性であることを受け入れて、同である。
そして、
LGBTはLGBTであることを受け入れて生きて行くしかない。
障害を持って生まれる人もいる。それが現実であり、生まれた以上、自分の状態はそのまま受け入れるしか、仕方のないことのはずである。

心が女性だからと見かけが男性のまま言われても、羞恥心のある普通の全ての女性に、受け入れて、というのは、一種の身勝手だと思う。

相手の気持ちも考えるところから共生が始まるはずである。

LGBTをLGBTのそれぞれの特徴のまま受け入れて、というなら、充分わかる。
しかし、体が男性の特徴がありながら、女性という分類に入れて、というのは、私には無理がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月15日 (水)

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」 について

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」で病院がピンチ

ビザ発行と連動はしているのだろうか?

医療費を踏み倒した場合は、『国に通報し、永久に日本には来られなくなる(ビザは二度と発行しない)』、というプロセスを早急に確立し、医療受付窓口で、徹底すべきである。

日本は魅力的な国なのだから、「二度と来られないのは困る。」という考えが広まれば、旅行保険加入者が増えることにもなるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月13日 (月)

No.58 モップを捨てて、、、XXXXXに交換☆

母から、「化学雑巾は擦れたところが黒くなるから気を付けて、白い壁と白木にすらしてはあかんよ」とよく言われていて
モップをつかうときには、まあ大丈夫だろうと思いながら、でもちょっとびくびくしながら使うので、それが小さなストレスだった。
そして、使う回数も極端に少なかった。

そもそも、このモップ
クイックルワイパーにつけられて、交換の紙を買うより経済的だと買ってきたのはダンナである。
汚れたら洗える、と書いてあるが、洗うのは誰だ?
1週間に1回の我が家ペースだと、結構埃は毎回つき、毎回洗わねばならない。

洗濯機で?電気と水道と洗剤を使って洗う?
まさか手で洗う?誰が?それにしたって水道と洗剤は使う。お湯を使えばガス代もかかる。
微々たるものだろうが、使い捨てペーパーと値段は大差なくない?????

と、結局、これがかなりの私のストレスで、実はほぼ使っていかなった。

で、じゃま!!

 

と、一方でたまる、ぼろタオルも、物置の中で増えるばかりで、これまたプチストレスだった。

取っとくばかりでなく、たまに捨てるのだが、綺麗好きなダンナのせいで増えるし、たまに使うダンナがないと怒るので、一定量をうまくキープが案外面倒だったのだ。

 

と、今日、降りてきた~!!
ボロタオルを使い捨てペーパーの代わりに使えばいいじゃんflairflairflair

半分では大きい、1/4だとぎりぎりだが、まあ1/3でもどっちでも。
これこそ、経済的sign03
使ってみると薄いのでモップの入らない隙間にも入るし、心配だった切れ端が散ることもほぼないsign03

ということで、モップはさっさと破棄破棄

わぁー気持ちスッキリ~clover

 

あ、タオルを切るのは、やはり”裁ちばさみ”が一番です。普通のはさみだと切りにくくプチストレスを生むので、やってみる方は”裁ちばさみ”を準備してくださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月12日 (日)

『子供のロジック』で、恥ずかしい

中国にかなわないからと米国に泣きつく日本は「子ども」―中国駐日大使


記事のタイトルは気に入らない。「中国駐日大使の日本観」とかでいいではないか、
こういうタイトルをつけるのは、必要以上に反中意識をあおるマスコミの悪い点だと思う。

で、記事の内容はいい、すなわち、中国駐日大使の言葉に同感である。

『また、日中両国で相手国に対する印象が悪化していることについては、そうした状況であることは認めつつも「日本のメディアに対しても日本人に対しても、もう一つの数字に注目するよう強調してきた。それは、両国の7割以上の人が『日中関係は重要である』と回答していることだ。だが、この数字は多くのメディアであまり報じられていない」と指摘した。』

『・・・たびたび米国を巻き込んで中国をけん制している。これは、相手にかなわないから兄貴を呼んでくるという完全なる『子どものロジック』だ。隣国としてはやはり仲良くして、協力しながら共に発展していかなければならない」にも同感だ。』

対中国だけではない。日本の国際舞台での政治は『子供のロジック』で、恥ずかしい。
もちろん自国をどう守るか、その覚悟と切り離せないから難しいのは、わかっているが、
世界を見回せば、人口が少ない小さな国でも、幸せに独立して生活の送っている国はある。
 
30~50年後には人口5000万人に縮小する日本
 
そろそろ、本当の、独立国としての歩み方を考えるときではないか。
 
 
 
ついでに言えば、中国の人口は13億。世界人口の四分の一である。
そこにGDPを抜かれたからと、何をあわてることがある。

GDP(国内総生産)とは、国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。

人口比を考えれば、日本はすごいのだ。
ただ、中国はもちろんこれからまだまだ伸びるので、油断はできないのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«No.57 欲を捨てよう