大事なメモ

2018年7月29日 (日)

紙には賞味期限がある

部屋をきれいにする達人さんの言葉である。確かにそうだ

注文しようか迷ってた商品カタログなど、期限を過ぎてしまったら、意味はない
後で読もうと思っていた雑誌も、季節が変われば、その月のものを買って読みたくなる。結局1年巡ってしまって、ああ、そういえばと開いたところでなんだか古臭く読む気がしない。

そ・れ・で・も
その中のある記事が気になり、捨てられなかったりする私

でも、紙は減らしたい
 
flairそうだsign03と思いついて、これまた結構ある2穴バインダーに綴じることにした

ひとつは、立憲民主党の広報誌
ひとつは、気になる記事
そして
ルールもひとつ

同じ目的のものは、2冊目は作らない
一冊がいっぱいになったら、必ず見返し、不要なものは捨てる

ということだ

本当に不要になったものもあれば、自分の中に吸収できて、もう忘れないと思うものもあるだろう
美しいと思ったものも、感じる美しさの基準が変わることもあるだろう

今捨てられないなら、バインダーという場所の中にその紙に向きあう時間を閉じ込め、時間ができたときに向き合えばよい

私にとって紙に向き合う時間は、家族に邪魔されない自分の時間だ
紙には賞味期限があるが、ばっさばっさと捨てるのは自分の時間を未消化のまま捨てるようでできない

少しかじって美味しいと思ったものを、
熟成させる工程をとって賞味期限を少し伸ばして、美味しく楽しもうということかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 8日 (日)

やらなきゃ!

医療保険の見直し
家計簿ツールの見直し - iPhone型に変えようか?
  夜は見えないし
  いろいろweb連動したほうが楽そう、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年9月 6日 (日)

My 月間予定表

1

なんで、この画像かっていうと、

ずーーーと前から作りたかった、My 月間予定表
やっと具体的なものが見えてきて、書く気になったから、、、

~初心わするべからず~
新しくなって気持ちいいんだもの。トイレの神様にも守ってもらえそうだし、ずぼらな私をheart

💛週間
・月 トイレの裏チェック ~汚れをためないお掃除~
     - ほこりの拭き取り(観葉植物,手洗いボール,etc)
     - 便座の裏の拭き取り
     - 床の拭き掃除 
・水 昼 〇〇〇〇の練習をする
     - まずは一時間から
・金 お掃除ロボット&クイックルワイパーで掃除する
・日 今週のお献立をつくる
・日 新聞の切り抜きをする
・日 トレーニングして早めのお風呂&夕飯

・できるといいな
     - ”ちょっと”運動

💛月間
初 お風呂の銀イオン
末 新聞の切り抜きを見直す
末 翌月カレンダーの作成

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月 1日 (金)

守るべきものを持とう

- 好きな人、もしくは好きになれそうな人、との家庭

- 好きな人の子供

- お気に入りの部屋

- 大事な友人

- ライフワークとしたい趣味

 

なんでもいいが、守りたいものを持って生きよ

それが一番大事なことだと、我が子には教えたい

それが生きる上での判断に結びつくはずだ。

 

大事なものがない人は「今」しか考えないが
 
守るべきものがある人は「未来」を考えるはずである。

 

さて、
 
安倍さんの守りたいものはなんなのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月 8日 (日)

そばつゆ レシピ

- 出汁の素でつくれる簡単レシピ -
そば好きのダーリンが飲み干したので、たぶん美味しい  

1人分 2人分 3人分 4人分 5人分
水 cc 300 600 900 1200 1500
濃口醤油 cc 10 20 30 40 50
味醂 cc 10 20 30 40 50
酒 cc 3 6 9 12 15
本だし顆粒 g 1 2 3 4 5

http://cookpad.com/recipe/2708866 より

日  豚肉の竜田揚げ風、サラダwたこ・ブロッコリー・きゅうり、にんじんスープ、ひじき
月  すき焼き風(肉、えのき、玉ねぎ)、豆腐(ごま豆腐)、スナップエンドウ
火V カレー、トマトとモッツァレラチーズのサラダwほうれん草
水  チキンソテー、ポトフ(ベーコンブロック、ねぎ、きゃべつ、にんじん、ジャガイモ)、イカ墨煮
木V 鰈の煮つけ、
金  焼きそば(キャベツ、ソーセージ、玉ねぎ)
土V

-お弁当のおかず -
卵焼き、ほうれん草とベーコンの炒め物、
ゆで卵、とんかつ
焼肉丼

あ、そばつゆはお献立に入ってませんが、今日のお昼に好評でした~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年11月18日 (火)

1日1褒め

朝っぱらから、いろいろ叱ってしまった。
もちろん彼のためと思ってのことなのだけど、、、

でも、一足先に出た私を追いかけて、はにかみ笑いの彼に、「笑顔が素敵だね」と、なんとか褒めることができた。

また、笑顔が広がる。

やはり叱るより褒めろ、だ。

褒め下手な私。
1日1回は、褒めるぞー❗️❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月28日 (日)

週間朝日:中高年男性の介護「母におむつ」高い壁 の記事

・・・そんな人は、パッケージに表示されている「吸収回数の目安」「サイズ」に加え、「一人で歩ける方」「寝て過ごすことが多い方」など、使う人の状態を示す「ADLマーク」を参考にするのがよいという。

「ゆったりしているほうが楽だろうと大きいサイズを選んだり、夜間にパッドを複数重ねて漏れに備えたりすると、漏れの原因になる。適切なサイズを選び、夜間には昼とは違う夜専用パッドを1枚使うのがおすすめです」・・・

(週刊朝日 2014年10月03日号配信掲載) 2014年9月24日(水)配信

 

・・・異性ゆえの抵抗感や罪悪感に悩まないための心構えや、ケアの方法を考える。」

とてもよい記事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月27日 (土)

イメージセンサーの汚れ

先日行った旅行の写真

実は、後半の写真の決まった場所に陰が写りこんでいる。
アチャー、と思っても後のまつり。

いろいろ調べて掃除キットを買って、レンズを綺麗にしてみたが、まだとれない。

これは中だなーと、
http://www.sony.jp/support/ichigan/guide/cleaning/
を参考にやってみたところ、取れた。

カメラにクリーニングモードがあるとは、知らなかった!coldsweats01

実は、それでは取れなかったが、どうせ持ち込み修理になるのなら、と自己責任でちょこっとやってみたら、綺麗になった~shine

cherryこれからは、センサー汚さないようにもっとレンズ交換、繊細に気をつけよーcherry

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月21日 (日)

No.53 母も疲れているのだよ、、、だが、、、、

言えども、言えども、洗濯物を畳まない子供たち。

どうしたものかと思うが、、、

 

今の中高生は本当に忙しい。(注:大学生はさほどでもない)
今日も土曜日だが、次男は、文化祭で明日も出である。
三男も、サッカーの試合で、2日とも半日強いない。

そこに塾があると、なおさら時間がない。

洗濯物を畳めないのも、当然か、、、と、久々に、睡眠がっつりの母は思う。

そう、仕事もピークの上に、
毎夜遅い彼らの夕飯と入浴がほぼ終わるのを見届けて寝ると、だいたい午前一時半。
そして起きるのは、毎朝5時で、お弁当づくり。
土日も、今日のように部活登校がほとんどなので、同様で、私も相当疲れてはいる。

が、現にこうして、今日と明日は、少し余裕時間が取れている。

毎日毎日毎日、
「洗濯物を畳みなさい!」と眉間にしわをよせ、目を吊り上げている母ではあるが、

100点を求めるのは、いささか無理があるのかもしれない。

できてしまえば、たかだか5分、10分のことで、そうなって欲しいのだが、
出来ていないものを、いきなり100点にしなさい、と目くじら立てても、こっちが無駄に怒り損で、疲れるだけなのだ。

80点~90点、いや60点でもいいではないか。

彼らのほうが、時間が足りないのかもしれない。
(客観的に見れば、時間は足りるはずなのだが、彼らはまだ発展途上で、主観的には、相当しんどそうなのである。)

もう少し、母が、私が、心の余裕を持つようにしたほうが良さそうで、畳んであげようeye

 

持ってあがってよね、だから。。。banana

 

甘いなぁ、、、と思いつつ、それで私のストレスも下がるのであれば、良いんではないのと、思う、秋の1日maple

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月19日 (土)

かくれ脱水の見つけ方

1.爪を押して離してピンク色が戻るのに、3秒以上かかる
2.手足がつめたい
3.手の甲の皮膚をひっぱり、元の状態に戻るまで3秒以上かかる
4.舌がザラザラしたり、赤黒い色

特に子供には、1,2などで、大人が気づいてあげることが必要!!

かくれ脱水JOURNAL なるHPもあるが、NHKのこっちが情報の入り口にはいい感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧